M.R.T(Mika's Record of thought)

当ブログでは、批判を受け付けています。

【忍耐力】「木」から学ぶ

当たり前のように、そこら中に「木」が生えているんだけど、「木」って凄いよね。

 

「木」って、しゃべることもないし、運動することもないし、喧嘩することもないよね。それを、一生続ける。ただ、太陽の方向に向かって伸びて、種をつくって落とすだけ。

 

人って、おしゃべりして、運動して、働いて、勉強して、自転車乗って、本読んで、ブログ書いて、無駄に喧嘩して、無駄に悩んで……。何もしない状態では耐えることができないんだよね。

 

どれだけ理不尽に強風に吹かれても、人間に切られても絶対に抵抗しない。

ただ、なるがままになって、ひと段落したら、自己の回復を試みる。倒れた木はまた太陽の方向に伸びようとするし、切られた断面からまた新しい芽を出したりする。

 

世の中理不尽だらけで、抵抗しても無駄なこともある。そんなときは、「木」みたいに、なるがままに事が終わるのを待って、後から自分ができる方法でまた回復して、成長していけたらいいよね。

f:id:mika-r-t:20190923141909j:plain

ーーー

<おわりに>

公園の椅子で一人でお昼ご飯を食べながら、その辺の「木」を眺めながらこんなことを考えていたわけなんだけど、「木」みたいな人間になりたいなぁとつくづく思う。

 

「木」の存在価値について考えていると、「人間」の存在価値について見えてくることが多いんだよね。

 

定期的に、穏やかで自然豊かな公園に足を運ぶのは本当におススメだよ。

ーーー

<今日の一言>

右手で左足のポケットからカギをとるのは大変