M.R.T(Mika's Record of thought)

当ブログでは、批判を受け付けています。

10日後に恥じない生き方【努力】

その時は本気でそう考えて記事を書いているはずなんだけど、次の日とか一週間後とかに自分が書いた記事を読み返すと、どうも稚拙な考えに思えてしまう。

 

かといって、日々成長して考え方が大人になっているという訳でもない気がする。

 

 

「へ理屈がうまい」という欠点

 特に、私の場合昔から「へ理屈」を言うのがうまいという自覚を持っている。

 

母に「ご飯作ってるからにテーブルをすぐにかたずけなさい」と言われも、私は「別にご飯が完成する15分前に片づけても5分前にかたずけても変わらないじゃん、後でやる~」って言いながら寝そべってテレビを見ていた。

 

そして、この「へ理屈」さえも、これは理論的に間違っていないと思っているので、反省することをしない。そして、時間が経ってから、「あのときなんで頑張らなかったんだろう」とか「人の言うこと聞いていればよかったなあ」という後悔におそわれる。

 

ヒュームの法則

 

「~である」という事実から「~すべき」という命題は導き出せない。

 

                          ヒュームの法則 

 

つまり、先生や親が「~しなさい」とアドバイスをくれたとしても、私は「~すべき」理由を永遠に否定することが可能になるということである。

 

例えば、「今、就活を頑張った方がいい!」というのは、私にとって新卒で入社できる唯一のチャンスの時期が今で、将来のことを考えても絶対に今気合を入れて就活をするのが一番だと思う。

 

しかし、これに対して「別に就職してなくても幸せな人もいるし…」と、今はこれ以上考えないようにするが、考えようと思えばどこまでも考え続けることができてしまう。

 

つまり、理論で就活をすべき理由について考えることは、非常に自分にとって無意味な行為であることがよく分かる。

 

じゃあどう乗り切るか

もう、「気合!」

 

これに尽きるんじゃないかな(笑)

 

今まで、自分が一番成長したときのことを思い返すと結局、「あの人に勝ちたい!」とか「見返してやりたい!」とか「めっちゃ悔しい!」みたいな思いを持って取り組んでいた。

 

逆を言うと理論で考えているときには、成長できないということ。

 

理論で人は逃げることができる、だけど逃げた先に成功はないし、成長もない。

 

10日前の自分へ

www.mika-r-t.com

 10日前の過去記事。

 

確かにどの逃げ道も理論的には間違っていなくって、今の自分でも理論に否定することはできない。

 

だけど、その道で後悔せず幸せに生きていけるかは別問題。

 

経験上、こんな感じで逃げ道を探しているときは、必ず後悔してきた。

 

シンプルに考えるなら、私は今、理論的に就活から逃げる道を探してはいけない

 

なぜなら、後悔するから

 

トライアスロンは努力だ

トライアスロンをやめた自分には、とても心にグサッときた言葉。

 

私は大学入学したばっかりのときトライアスロンを完走したいと思ってサークルに入ったんだけど、アルバイトをしないとお金が足りないとか朝練が眠いとかっていう言い訳をしてやめた。

 

トライアスロンは努力だ」

 

これは、顧問の先生が、いろんなスポーツがあるけどトライアスロンは確実に努力と比例して伸びるという意味で言った言葉。

 

トライアスロンをやめてしまっている自分にとってはこの言葉が、「自分は努力できなかった人間である」という風に置き換わった。だけど決して、マイナスの感情ではない。

 

幸いにも、「悔しい」と思えた。

 

そう、努力できない自分は嫌だ。

 

この気持ちさえあれば、就活を乗り切れるはず。

 

「就活は努力だ!」

 

おわりに

10日後の自分が読んでも恥ずかしくない記事。

 

10日後の自分がみても、恥ずかしくない生き方。

 

10日後の自分が後悔しない行動。

 

今この瞬間だけの感情に惑わされない生き方ができるようになりたいな。

 

f:id:mika-r-t:20200328034118j:plain

 [中間地点からゴールは見えない、走り続けよう!]

 

今日の一言

JETSTREAMの0.7が好き

 

 

 

 

 

「美しい」という感覚について【桜】


f:id:mika-r-t:20200325170852j:image

 

就活終わりのホテルまでの帰り道、ふと神社によってみると「桜」がきれいに咲いてました。(写真:花園神社)

 

人が何かを見て「美しい」と感じるとはどういうことなのか。

 

たぶん神様くらいしかこの答えは知らないんだろうけど、「美しい」という感覚はなんだか大切なものな気がする。

 

「美しさ」を守るために生きる。

 

人間は、生きて、考えて、動いているときが、一番美しい。

だから、死んではいけない。

 

サクラは、気につぼみをつけて、花を咲かせ、春が過ぎると散っていく姿が美しい。

だから、人は自然を大切にしなければいけない。

 

「美しい」という感覚を、私は大切にしていきたい。

 

今日の一言

LALINEのCherryBlossamの香りが好き。

 

 

 

 

哲学の乱用【就活つらい】

現在就活中で、まだ内定もゼロ。

 

ということで、就活がつらいと感じている今、哲学を乱用して自分を納得させるという逃げ技をお見せしたいと思う(社会でうまくやってる人にとってはお見苦しいものになるかもしれません)

 

自分用のメモみたいな感じになるかもしれないけどごめんねm(__)m

 

 

「明るく元気でハキハキと」がつらい

自分だって、暗くて元気なさそうで何言ってるのか分からない人よりも、どちらかといえば明るくて元気でハキハキとしている人と一緒にいたいって思う。

 

 

分かってるんだけど、遺伝的にそうじゃない人って普通にいるんだよね。

 

5人に1人はHSP(ハイリーセンシティブパーソン)と言われていて、刺激に敏感だったり深く考えすぎたりして、残りの8割の人と同じように生きることが難しいと言われている。

 

そして、日本人の過半数の人が、遺伝的にネガティブになりすいと言われている。

 

<明るい人>

明るい⇒採用⇒やったー!(就活サイコー)

 

<HSP×ネガティブ遺伝子>

なんかオドオドしてる⇒不採用⇒あーやっぱ社会には向いてないんか~(就活つらい)

 

言うまでもなく私は後者。

 

「素の自分」で勝負できない

ネガティブ遺伝子を持っているかは置いといて、HSPであることは99%の確信を持っているので、普通に就活はつらい。

 

何がつらいかというと、「素の自分」で勝負できないこと。

 

就活口座とか面接のNG例の動画とか見てると分かるけど、結局就活で内定をもらうには、「企業で活躍できる人材であること」をアピールしなきゃいけない。

 

だけど、哲学が社会では何の役にも立たないと言われていることからも分かるように、大学時代イマヌエル・カントとかニーチェとか中島義道とかにハマっていた人間が社会に出て活躍できそうとは、自分でも思わない。

 

生きる意味について考えても、売り上げには貢献できないし、誰も幸せになることはない。なぜなら、自分の頭の中で考えているだけで、世界は何も変わっていないから。

 

定言命法(カント)の「嘘をついてはいけない」を忠実に守っていては、これもまた社会では役に立たない人間になってしまう。

 

就活ゲームの敗者

「大学時代一番力を入れてきたことは何ですか?」という質問に、「哲学者の言ってることを理解することに一番力を入れてきました。」と面接で答えても、面接官の頭の中では「つまり、何も行動してないってことか…」って自然に置き換わることは目に見えている。

 

就活で勝てる人は、就活で勝つための準備ができていた人。

 

一生懸命「イマヌエル・カント」について考えた人ではなくって、一生懸命「ボランティア」をしたり「部活でキャプテン」をつとめたりした人。

 

就活というゲームを野球に置き換えるなら、「キャッチャーの手が痛そうだから思いっきり球を投げ込めないよ~」って言ってる優しい人は、野球で勝てる選手にはなれない。

 

「優しすぎて勝てない」、「嘘がつけなくて勝てない」、「生きる意味がよく分からなくて勝てない」、「哲学が好きで勝てない」。

 

企業は決して「道徳的」な人を求めてるわけではなく、「社会の競争に勝てる人」を求めている。

 

つまり、「売り上げに貢献できる人」、「コミュ力の高い人」、「企業の為なら嘘がつける人」、「何も考えず素直に人の言うことを聞く人」。

 

哲学好きじゃダメですか…

 道徳的な人間が評価されない社会。

 

平気で嘘をつける人、考えないでいられる人が生き残れる社会。

 

社会とは一体何なのか。

 

社会とは何か…

 

社会に出る意味とは何か…

 

社会に出ないとはどういうことなのか…

 

社会に出ることは善いことなのか…

 

 

 

 

以上。

 

今日の一言

「広島焼き」じゃないないけぇね、これがお好み焼き。 by.広島人の一言

 

 

 

 

 

就活生のストレスコーピング

「逃げ道を作らない。」

 

部活動時代に習った言葉。

 

だけどごめんなさい、今日はちょっと逃げ道確認させてください(笑)

 

実家にもどる

 一度一人暮らしの快適さに慣れてしまうと、もう実家には戻れない(笑)

人によるとは思うんだけど、私の場合は一人暮らしの方が楽なんだよね。

 

だから、社会人になっても地元に戻るつもりはあんまりないんだけど、あんまりそれにこだわると、将来お金が足りなくなって貧乏生活になるんじゃないかってめちゃくちゃ不安なんだよね。

 

さいあく、実家に戻る友達の家にいそうろうするっていう手段があると思うと、ちょっと不安が少なくなるかな。

 

プライドを捨てる

 本当は、お金持ちになって、ある程度の社会的地位を持って、ちょっと高級な家に住むってあこがれるんだよね。

 

だけど、年収90万で、パートで、小さな家に住んでも、幸せに暮らせないわけではない(笑)

 

余計なプライドさえ捨てれば、どうにかなる!

 

 究極どうにもならなかった場合って、人は“自然に”死ぬはずなんだよね、、、自殺じゃなくって、飢えで。

 

大卒は“良い企業”に就職しなければならないっていう決まりはない。

 

“良い企業”に入社することは自分の人生を充実させるためのものであって、入ることが自体が目的ではない。

 

って、自分に言い聞かせてます(笑)

実際は、社会人になってみないと何とも言えないんだけどね。

 

30万かけて無職はもはやネタ

 就活で30万かけて無職だった場合、もはや人生におけるネタでしかないよね。

 

就活で30万って普通は使わないんだけど、深く考えず沖縄に移住してしまったので、就活でお金の羽がパタパタする羽目になっている。

 

周りには、就活でそんなお金使うのムリだから、とりあえず内定もらったら遊ぼ~って人もいるんだけど、私の場合就活にお金かけてでもマッチする企業で働きたい。

 

それで、結果ブラック企業に入社したとか、無職になったとかになれば、もうそれは一生のネタにします(笑)

 

 逃げ道を確認すること。

部活動時代に教え込まれた「逃げ道をつくらない」って言葉。

 

確かに、逃げ道をつくる暇があるなら、目標に向かって進むことに力を使う方が効率的。

 

だけど、プレッシャーだらけの中で生きているのってやっぱり苦しくって、プレッシャーが強すぎると逆に前に進む力が抑制されてしまったりする

 

たまには逃げ道を確認して、ほどほどにストレスを逃がすことが、前に進む力になると思うんだよね。

 

 おわりに

 何よりも、ストレスをため込まないために大事なのは「相談すること」かもしれない。

 

友達に相談、先輩に相談、先生に相談、バイト先の店長に相談。

 

いろんな人に本音を吐き出すことによって、自分の中のモヤモヤが整理されていったり、意外なアドバイスをもらうことができたりする。

 

自分一人ではどうしても偏った考え方しかできない。

 

人に迷惑をかけることって勇気がいることだけど、それでも「相談すること」は大事なことだと思うな。

 

今日の一言

恐れは逃げると倍になるが、立ち向かえば半分になる。 by.ウィンストン・チャーネル

 

 

 

 

【反省】あの後、英単語を覚えなかった件について

<はじめに>

私は約6ヵ月前にこんな記事を書いた。

www.mika-r-t.com

 

いかにも、「これから英単語の勉強始めます!」

 

っていう内容。

 

嘘はつきたくないので、正直に言いますと、その後英単語の勉強は一週間程度しか続きませんでした(笑)

 

笑ってごまかしちゃいけないんだよね。

 

こういうことを繰り返すと、何か目標を立てて、人に喋ったとしても「どうせまたあいつすぐ辞めるだろう」って思われるようになる。

 

そして、そう思われることが当たり前になると、「途中でやめても、誰も責めない」と思うようになって、結局目標を達成しないことが当たり前になってしまう。

 

 

 “信頼”の構築

 最近、キングコング西野亮廣さんにハマってて、その西野さんがこんなことをよく言っている。

 

 

お金を稼ぐよりも、“信頼”を稼げ。

 

            by.西野亮廣 

 

お金がなくっても信頼さえ構築できていれば、本当に飢えているときに必ず誰かが助けてくれる。

 

“信頼”さえ構築しておけば、いざ「これがしたい!でもお金がない…」ってなったとしても、「○○さんなら、絶対やってくれる!」「自分も手伝いたい!」って思った人たちが、お金を寄付してくれたり、助けてくれたりする。

 

 絶対に“やり遂げる”

 だからこそ、「これをやります!」って言ったことは、小さなことでも絶対にやり遂げなければいけない。

 

「英単語を覚えます!」って言ったら、どうやってでも覚えないといけない。

 

 ムリなことは“口に出さない”

 今回の件で、私が最も反省すべきことは、

 

発した言葉に責任を持つということ。

 

そして、絶対ににしないこと。

 

言う前に、自分の中で本当に達成しうる目標か、一度整理すること。

 

まだまだ、直観があてにならない間はその作業が必要だと思う。

 

自分ができないと思ったことは「○○をやります!」とは言わない。

 

これには、賛否両論あると思う。

 

できないと思っても、言うことによって実現が可能になるのではないか?

 

確かに、そういうことも無くはないと思う。

 

言うことによって情報が集まって、仲間が増えて、夢が現実になる。

 

確かにそう。

 

だけど、それって「信頼の構築ができている人」に限るんだよね。

 

仮に、信頼が構築できていない人が夢を語ったとしても、「どうせあいつは途中でやめるんだから、情報を与えても時間の無駄だ」とか「途中でやめるような人に協力はできないなぁ」ということになる。

 

つまり、優先的にやらなきゃいけないのは“この人なら言ったことは必ずやり遂げる”という信頼を構築すること。

 

それがあってこそ、“夢は口に出す”にメリットが生じると私は思う。

 

<おわりに>

 だけど、ごめんなさい。

 

「英単語は私には無理です(笑)」

 

まずは、自分の現状を冷静に見極めて、「やりたい×実現可能」な目標を設定するスキルを高めていくことが必要なよう。

 

ということで、まずは“的確な目標を設定するスキルを高める”ということを目標にしていきたいと思う。

 

  <今日の一言>

I can`t fight if i`m hungry! 

 

 

 

 

 

 

 

看板を禁ず【看板】そして哲学の価値

 <はじめに>

 

哲学は就活では一切役に立たない。

 

就活どころか、社会と呼ばれる場所では全く役に立たないらしい。

 

だけど、本当に哲学をすることに価値はないのかな…

 

ーーー

 [ここに看板を設置することを禁ず]という看板

 

さて、本題。

ここに看板を設置することを禁ず ーー区 ○○警察署

 

この看板を立てることの意味は何でしょうか?

 

それだったら、「A4サイズの張り紙ならここにしてもいいよ~だけど周りのお店といざこざにならないでねー」ぐらいの感じで書いてあった方が、なんか平和な感じしない?

 

f:id:mika-r-t:20200313130407j:image

 

確実に、このコーン[ここに看板を設置することを禁ず]という看板は、決して広くはない歩道の場所をとっていて、外観を悪くしている。

 

だからと言って、この看板の意図が分からないというわけではない。

 

この看板がある意味って、看板を置かないと好き勝手にお店の看板を設置されてしまうからだということはだいたい予想がつく。

 

一つの店舗が看板を立ててしまうと、「じゃあうちも。」「じゃあうちも…」「じゃあうちはもうちょっとおっきい看板に…」と次から次へと看板を立てる店舗が増えて、それこそ歩道が看板だらけになってしまう可能性も出てくる。

 

そして、看板が立てられる度に注意しに行っているのでは、警察さんも大変だし他の業務に支障が出てしまうことも想像できる。

 

となると、文字で分かりやすく知らせる⇒看板を設置する

 

という流れで、看板を設置することになる。

 

ーーー

“異常”が普通な世の中

 

この「看板を禁ず看板」の何が怖いかって、こういう何気ない“異常”なことに慣れてしまっていること。

 

看板の設置を禁止する意味を考えたら、[看板を禁ず看板]が設置されていることって“異常”なことだよね?

 

視野を広げると、世界には奇麗な水が飲めなかったり、食べ物がなくて人間らしい生活ができない人がいたり、まだ平均寿命が50歳を切る(ゼロ歳で死んでしまう)という国がたくさんある。

 

だけど、多くの人は200ミリリットル単位で水を節約しようとしないし、飲食店やコンビニでは毎日残った食材が捨てられていることをもったいないと思いながらもどこか普通だと感じているし、自分が今の年齢まで生きていることを当たり前と感じこれから生きていくだろうということに何となく確信を持っている。

 

確かに自分が水を節約したところでアフリカまでその水を運ぶことはできない。残った食材を飛行機に乗せて運ぶのも現実的ではない。自分が明日死ぬのではないかとビクビクして生きることのメリットは何もない。

 

理論的には全く間違っていないから余計厄介。

 

だけど、慣れてしまっている“異常”に対して問題意識を持って、「やっぱりおかしい!」といえる勇気って大事だと思う。

 

今、どうにかできない問題でも、”問題意識”さえ持ち続けることができれば、いい解決策が見つかるかもしれないし、見つけようと努力することができる。

 

確かに「やっぱりおかしい!」と声を挙げることは、“いい感じに円滑な人間社会”には邪魔だと思われるかもしれない。

 

だけど、“本当に健全な人間社会”を築いていくには、”異常”なことと向き合うことって大事なんじゃないかな。

 

「やっぱり、看板を禁ず看板の設置はおかしい!」

 

私は、そう思うな。

 

ーーー

<追記>

 

確かに哲学は、“円滑な人間社会”にとっては邪魔者なのかもしれない。

 

だけど、“本当に健全な人間社会”を築き、そして人類が終焉を迎えないように、おかしいことに対して「やっぱりおかしい!」と声を挙げられる、そういう哲学者ってやっぱり社会には必要な存在だと思うんだよね。

 

ーーー

  <今日の一言>

財布にGBSをつけるべきか。。。

 

 

「神」になりたくない就活生

f:id:mika-r-t:20200310220346j:plain

 

先日受けた初の一次選考、結果は見事に祈られました

 

企業様方、どうか私を神様にしないでください、、、(笑)

 

と、こちら側から企業様に祈っても仕方ないですね。。。

 

人間として魅力あるヒトになれば、私を神様になんかしようとしないはず。

 

そして、企業様方が就活生を「人間」か「神」か判断する基準は、どうやら

 

挑戦する人・向上心のある人・コミュニケーション能力がある人

 

であるということが“証明”できる人、なようです。

 

いくら言葉で、「私は挑戦する人です!努力できます!明るく元気にコミュニケーションが取れます!」と言ったところで、「じゃあ、それを証明して?」と企業側から言われて証明ができなければ、企業側は「コイツは神だ、祈っておこう」と思うわけです。

 

数ヶ月後、私が完全に祈られることすらない「神」にならないことを願うばかりです。(まぁ、それもそれで“面白い”人生になることと思いますが)

 

ーーー

“臭いものには蓋”をしている大学2年生のあなたへ

 

仮にあなたが「神」になったとしても、それはヒトとして間違っているということは決してないと思います。

 

ヒトがいずれ天に召される以上、何が正しくて何が間違いとは決して言い切ることができないからです。

 

限界までベットの布団にくるまり続けるという生き様も普通の人間にはできないある種の“才能”だと思います。

 

というようなことを、哲学者の中島義道が言っていたようななかったような、、、。

 

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

 

 

ちなみに私が就活というものを志したのは、中島義道「働くことがイヤな人のための本」を読んでから。

 

人によっては、これを読んで就活を辞めるという人もいるかもしれないけど、現に「就活やらんでいいっしょ」って言ってる人は一度読んでみる価値はあると思う。

 

ある種の「あきらめ」のようなものが原動力になるかもしれない。

 

ーーー

  <今日の一言>

ニーチェ:「神」は死んだ!!!!!